変化しているギフト

調べる

引き出物にかける金額は年々増加傾向であり、1人あたりの引き出物にかける総額は現在平均6000円くらいである。 しかしながら、引き出物にかける費用は地域によって大きく異なる状況であり、地域によっては、全国平均の2倍近くに及ぶこともある。両家のしきたりが異なる場合は、両家それぞれで、別々の引き出物を用意するのが賢明であるかもしれない。 また、贈る相手によって、金額や品物を変える「贈り分け」が主流になっている。これは、あらかじめいただけるご祝儀の金額を想定し、金額や品物を変えて準備する場合や、親族と友人などの間柄によって分ける場合、性別や家族構成を考慮しながらそれぞれに合った品物を用意する場合などがある。

引き出物の始まりは、宴席の主からの「お土産」であったと言われている。招待客へのお土産として用意した馬を、庭先に引き出して見せたという風習から、招待客へのお土産を指す言葉になったとの言われがある。この当時の引き出物は、招待客全員に同じ物を用意していた。また、お返しとして渡していたというわけではなかった。 しかし現在は、ライフスタイルなどが多種多様になってきており、全員に同じ引き出物を贈った場合、全員に喜ばれることが難しくなっている状況である。そのため、上に記載しているように、カップルの間柄に応じて、贈る品物の種類を変えたり、また、招待客自らが好きな品物を選べる「カタログギフト」が注目されているのである。