事前知っておく

ブーケ

結婚式をするなら必要になってくるのが招待状です。招待状にもマナーがあるので、どう言うマナーがあるかを事前に知っておくと、招待状の作成がスムーズになると言うメリットがあります。 招待状は両家の父親か母親の連名で出すのが一般的です。しかし、親の手を一切借りずに結婚式をする場合は、本人たちの連名で送っても構いません。また、招待客が友人中心でカジュアルな雰囲気の結婚式をするなら、本人たちの連名で送った方がいいとされています。 招待状には返信用はがきを同封しますが、会場への地図も同封しておくことが基本です。さらに、結婚式への列席や余興を依頼したい人には、その旨を書き添えます。そうすれば、受け取った人も分かりやすいです。

招待状を送ることは結婚式だけではありません。結婚式の二次会でも招待状を送ることはあります。以前は、結婚式の招待状と同じように、きちんと作成して送ることが一般的でした。しかし最近は変わってきています。 インターネットが急速に普及したことで、二次会への招待にメールを使うと言う方法が浸透してきています。メールを使えば招待状を作る手間が省けます。作る手間が省ければ、時間と費用に余裕が生まれます。こう言うメリットがあるので、メールで二次会の招待をすることが増えたと言われています。時代がすすむにつれ、このような方法が主流になっていくと予測できます。しかし、結婚式の招待にメールを使うことはほぼ無いと言われています。